開催講座・セミナー

特別講座  

開催日程

DMTLab & Body Mind Health Center ダンス/ムーヴメントセラピー特別セミナー「動態と静態の中で体験する個人の節目を見つめて…」

DMTLab & Body Mind Health Center
ダンス/ムーヴメントセラピー 特別セミナー
「動態と静態の中で体験する個人の節目を見つめて…」

 

平成の時代を振り返る様々な映像やニュースが報道される中、新しい元号を迎えました。世の中がこれから何処に向かって進んでいくのでしょうか…、
個々のこれまで歩んできた歴史も含めその折々に刻まれた節目も併せ、今、そしてこれからを、見つめていきたいと思います。  
 
日時:2019年6月9日(日)13:30(受付)14:00~16:30
 
場所:マルチスペースHONMOKU
 
住所: 〒2310804 神奈川県 横浜市中区 本牧宮原 2-6

https://www.spacemarket.com/spaces/HONMOKU/rooms/3p84NLcIra1tbYQQ

 
参加者:DMTセミナーを受講された方,医療福祉に従事されている方、臨床に携わっている方、DMTを学びたい方
 
会費:¥ 6,500- (5/31までに申し込み)¥7,000- (6/1以降)
(注:一度振り込まれた費用の返却はおこないません)
 
定員:15名
 
主催:DMTLab & ボディ・マインド・ヘルスセンター
 
問い合わせ/申し込み:天野敬子 Email: kemu@ad.em-net.ne.jp
**注:お手数ですが下記の事項をご記入の上、メールにて申し込みをお願いします
 (1)氏名(ふりがな) (2)連絡先:電話/emailアドレス/住所
 (3)所属(勤務先・学校など) (4)WSに期待すること
@@個人情報の適正かつ厳正に管理、保護に務めます。
振り込み先:(申し込みされた方に直接お知らせします)
 
 
ファシリテーター: 荒川 香代子
ボディ・マインド・ヘルスセンター代表
アメリカダンスセラピー協会認定ダンスセラピスト
日本ダンスセラピー協会認定ダンスセラピスト・理事
高齢者施設、精神科病院非常勤、ボディ・マインド・ヘル
スセンター代表
BDMHC: http://bmh-c.org
 
ファシリテーター: 神宮京子 
DMTLab 代表
アメリカダンスセラピー協会認定ダンスセラピスト
日本ダンスセラピー協会認定ダンスセラピスト・理事
日本集団精神療法学会認定グループサイコセラピスト,
精神科病院勤務, DMTLab代表
DMTLab: http://dmtlab.net/
 

ボディ・マインド・ヘルスセンター主催特別講座 オーセンティックムーブメント:心と体の”森の世界”を拓く

ボディ・マインド・ヘルスセンター主催特別講座
オーセンティックムーブメント:心と体の”森の世界”を拓く
2019年4月27・ 28・ 29 [土、日、月(祝)]
丹沢ホテル時之栖(丹沢 中川温泉)

 

日常に潜む「とてつもない命を育むさまざまな生きとし生けるもの…」
生けるものは私たちの様子を静かに伺い、感じ、楚々と動いては止まり、想い を描く。身体の内面から突き動かそうとする力も「生けるもの」の一つである。森の世界…をキーワードに生命 の対話としてオーセンティック・ムーブメントを体験していきます。
「…自分の身体の中から生まれようとしている表現に一歩一歩進んで行ってみると、心と動き、体内に秘められた、沢山の神秘な自分の動きに気づく事と思います。そして内なる表現の世界へ少しずつ交流しはじめることができるのではないかと思います。」  ケイ タケイ (2008)   
 

プログラム
 
4/27(土)
・16:00~ : チェックイン 
・16:30~ : オリエンテーション
・17:00~18:00 : ウォームアップタイム
・19:00~ : 夕食
 
4/28(日)
・ 7:30~ : 朝食
・ 9:00~11:30 ケイ タケイのワーク
・13:00~17:30 オーセンティック・M.
・18:00~ : 夕食
・19:30~21:00 Night Movement (ケイ)
 
4/29(月)
・ 7:30~ : 朝食
・ 9:00~10:30 オーセンティック・M
 
日時:2019年4月27・ 28・ 29 [土、日、月(祝)]

 

会場:丹沢ホテル時之栖(ときのすみか)
神奈川県足柄上郡山北町中川448-2
URL: www.tokinosumika.com
連絡先: Tel: 0465-78-3621 Fax: 0465-78-3625
交通: ・JR御殿場線 谷峨駅から路線バスで20分
・小田急線 新松田駅から路線バスで50分
(小田原駅から新松田駅: 快速急行9分)

 
定員:15名まで (オーセンティックムーブメントの経験者のみ)
 
受講費:早割 ¥ 15,000- (締め切り:2/28 振り込み)通常 ¥ 18,000-(定員になり次第締め切ります)
 
宿泊費:各自別途支払い(1泊2食付き:約¥12,000- 昼食:予約可能)*予約申し込みは主催者が担当
 
講師:ケイ タケイ(舞踊家) 荒川 香代子 MA, BC-DMT(アメリカダンスセラピー協会 認定ダンスセラピスト指導・日本ダンス・セラピー協会認定ダンスセラピスト、 ボディ・マインド・ヘルスセンター代表
 
お問い合わせ/お申し込みkayoko51@gmail.com (お申し込み用紙を送ります)
 
ケイ タケイ
舞踊家、振付家。ケイタケイ’sムービングアース主催。
檜健次、藤間喜与恵、アンナ・ソコロウ、アン・ハルプリンに師事。1969年「LIGHT, Part 1」にてNYデビュー。
現在まで 47Partを創作、世界各地で講演。
1978年ネザーランド・ダンス・シアター、1982年イスラエルのインバウ・カンパニーに委託振付1980~1983年アメリカ・ダンス・フェスティバル講師。1979年と1985年日本招待公演(文化庁、日米交流基金)。
「24時間LIGHT」を米国ミネアポリスを皮切りに上演。1992年帰国後、1995年東京シアターX~お台場で, 1997年ベルリン、ウェールズにて。2001年、イスラエル、サンフランシスコ、NY、2002年インド、2007年オランダにて公演。
2008年アメリカン・ダンス・フェスティバル75周年記念にて公演。さまざまな表現者との共同作業も多い。
2009年から「LIGHTシリーズ」を再開、活発に再創作、新作発表をおこなっている。
2012年から全国各地の野外を中心に上演を行う「LIGHT津々浦々シリーズ」を展開中。
舞踊批評家協会賞、Meet The Composer賞、ニムラ舞踊賞はじめ、昨年、第29回江口隆哉賞及び江口隆哉係る文部科学大臣賞を受賞。
ニムラ舞踊賞(2007)を受賞。今年江口隆哉賞受賞 現在、能楽師 岡庭善昭師に師事。
 

第2回日本クリエイティブ・アーツセラピー学会学術大会 クリエイティブ・アーツセラピーの実践から学ぶ

JCATA2018-1JCATA2018-2

第2回日本クリエイティブ・アーツセラピー学会学術大会
クリエイティブ・アーツセラピーの実践から学ぶ

 

クリエイティブ・アーツセラピー(CAT)の事例紹介や実践報告、他職種の方々との対話を通して、CATの取り組みや役割を知り、学びを深める一日です。
 

日時:2018年10月21日(日)10:00~16:15(開場:9:30)

 

会場:東京大学本郷キャンパス 教育学部 受付158教室(赤門を入り左斜め前方のレンガ建物1階)
本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線・大江戸線)徒歩8分

 

参加費:5,000円(会員)8,000円(非会員)

 

お問い合わせ:event@jcata.org

 
主催:日本クリエイティブ・アーツセラピー学会(JCATA)
 

お申込み方法:お名前、ご所属、ご連絡先(メールアドレス・電話番号)、会員/非会員、参加ご希望の分科会を第二希望まで、以上をご記入の上、メール(event@jcata.org)までお申し込みください。
参加費のお振込案内をいたします。
※お振込み後、参加費は原則として返金できません。ご了承ください。
 
プログラム内容:
10:00-12:00 パネルディスカッション:「クリエイティブ・アーツセラピーの今、そして未来」(158教室)
12:00-13:00 昼食(158教室)
13:00-15:00 分科会① ダンス/ムーブメントセラピー (定員20名)「心と身体の繋がりを促す動きと対話のサポート」(158教室)
13:00-15:00 分科会② アートセラピー(定員15名)「精神科病院でのアートセラピーの実践 ~体験を通して~」「心と身体の繋がりを促す動きと対話のサポート」(159教室)
13:00-15:00 分科会③ 音楽療法(定員15名)「クライアントが即興活動へ取り組みやすくする工夫」(109教室)
15:00-15:15 休憩(158教室)
15:15-16:15 全体会/交流会(158教室)
 
 
パネルディスカッション:「クリエイティブ・アーツセラピーの今、そして未来」
クリエイティブ・アーツセラピーが実際にどの様な役割を担い、役立てられているのか。どんな現場があるのか。現場における協力
体制はどのようなものなのか。3人のパネリストから実践や経験談を伺います。現場でのCATについて実践を通して知り、今後の発
展の可能性がどこにあるかをみなさんで考えていきましょう。

 

神宮京子(じんぐう・きょうこ)
モデレーター
米国ダンスセラピー協会公認ダンス/ムーブメントセラピスト
米国での訓練を経て帰国後、約20年にわたり精神科医療の現場を中心に臨床実践を続けている他、関連学会発表やトレーニング/ワークショップを各地で実施。特定医療法人群馬会群馬病院勤務。DMTLab主催。

 

石川見佳(いしかわ・みか)
パネリスト
平成16年 東京福祉専門学校 作業療法科卒業
医療法人群馬会 群馬病院 活動療法部 作業療法課
精神科病院にて、現在は急性期・ストレスケア病棟を担当。作業活動や様々な人々との関わりを通してその人らしい生活が送れるようサポート、作業療法の提供をしている。

 
小野京子(おの・きょうこ)
パネリスト
日本女子大学特任教授。臨床心理士。国際表現
アートセラピー学会認定表現アートセラピスト。
表現アートセラピー研究所代表。NPOアートワークジャパン理事長。神奈川大学大学院 非常勤講師。
今まで一般病院、精神科クリニック、中学校、一般企業の中で臨床を行なってきた。現在は表現アートセラピーのトレーニングに関わり、大学の授業の中で表現アートセラピーを教えている。

 
長江朱夏(ながえ・なつ)
パネリスト
ニューヨーク大学大学院音楽療法修士課程修了。米国公認音楽療法士。ノードフ・ロビンズ音楽療法並びに分析的音楽療法認定セラピスト。現在、名古屋音楽大学音楽療法コースにて育成に関わる傍ら、精神科医療における臨床活動を行っている。
 
 
分科会:実践から学ぶ・体験する
 
分科会① 心と身体の繋がりを促す動きと対話のサポート
「臨床」という明確な枠組みがない場所でクリエイティブ・アーツセラピーを提供する場合、人々の日常の近くでセラピーを緩やかに行うことになります。参加者がセラピーを求める理由は様々ですが、ダンスセラピーでは身体を動かし、それを語ることでそれぞれが抱える事柄はより表面化し、セラピストとして身体と心で感じられることがあります。この分科会では、ワークショップなどの「治療現場」ではないからこそ気をつけなければいけないこと、地域での取り組みでクリエイティブ・アーツセラピーができうることについて、身体を動かす体験とともに一緒に考えてみたいと思います。
 
高井彩加(たかい・あやか)
2014年ロンドン大学ゴールドスミス大学院修了。
ダンスムーブメント心理療法士。高齢者、メンタル不調者、グリーフセラピー養成生、車椅子利用者や子どもを対象にワークショップセッションを行ってきた。東京・関東を中心にダンス講師やパフォーマーとしても活動。
 
分科会② 精神科病院でのアートセラピーの実践~体験を通して~
精神科病院の集団アートセラピーで使われる手法を実際に体験しながら、枠組みの設定や、画材の選び方、作業の工程などについて考えます。体験をする人自身のそれまでの経験や気持ちによって、心地よく感じられるものと、そうでないものがあるかもしれません。心地よく感じられた時には、どのような要素があるでしょうか。あまり心地よく感じられなった時の体験からは、どのようなことが得られるのでしょうか。精神科に限らず、アートセラピーを実践する際には意識しておきたい事柄について一緒に考えていきましょう。
 
斎藤佐智子(さいとう・さちこ)
米国のドレクセル大学で2003年アートセラピー修士号取得。臨床心理士。西八王子病院、国立精神神経・医療研究センター病院、東京都スクールカウンセラーを経て、2015年より特定医療法人群馬会群馬病院にて集団や個人のアートセラピーを行う。
 
 
分科会③ クライアントが即興活動へ取り組みやすくする工夫
音楽は言葉とは違う表現方法を可能にします。リズムは言葉のない会話を、そしてメロディーやハーモニーは気持ちを表すことを助けてくれます。言葉の世界でフィットしないと感じることも、音楽の世界で自由になるかもしれない。セラピストは、音楽創りの中でクライアントの表現力を引き出し、言葉とは違った方法で自らを表す世界を見つけられるようお手伝いします。しかし、誰でもが気軽に即興活動へ向かえるとは限りません。この分科会では、即興への垣根を低くしながらクライアントをワークへと導く工夫と即興表現の可能性を紹介します。
 
長江朱夏(ながえ・なつ)
ニューヨーク大学大学院音楽療法修士課程修了。
米国公認音楽療法士。
ノードフ・ロビンズ音楽療法並びに分析的音楽療法認定セラピスト。
現在、名古屋音楽大学音楽療法コースにて育成に関わる傍ら、精神科医療における臨床活動を行っている。

 
 
全体会/交流会
クリエイティブ・アーツセラピーを生かす様々な体験や、参加者みなさまの日頃の実践を分かち合い、これからの原動力としてまいりましょう。

ダンス/ムー ブメトセラピー& ボディ・マインドセンタリング~ からだのミクロと無意識への旅~

ダンス/ムー ブメトセラピー& ボディ・マインドセンタリング~ からだのミクロと無意識への旅~

 

人はからだを通して外界との様々な関わりを取り込み、吐き出し、翻弄されながらもその人らしさが育まれていきます。ダンス/ムーブメントセラピー(DMT)では、内向きに感覚やからだの奥深いところに向かい、そこ(底)に流れている感情を大切にします。内側から外側に向かって inside-out 紐解かれる『今の私』を旅していきます。 ボディ・マインド・センタリング(BMC)では、触れる事、感じる事、そして動く事で自己理解を深めていきます。原初の感覚として知られる触覚が、広大な自分史を解く鍵となり、身体の機能構造や動きの経験、感情、質 の理解を深めてくれるのです。内(自分)と外(他者・世界)を隔てる役割りを持つ皮膚を通じて行う旅路です。 他者との触れ合いから知る自分、今ここに在る自分を一緒に見つめてみましょう。

 

日時:2018年8月5日 13:30~16:30

 

場所:東京都池袋近辺

 

定員:20名 (*定員になり次第締め切ります)

 

参加費:¥7,000

 
対象:医療・福祉・教育など対人支援にたずさわっている方、Body/Movement を通した心理療法に興味のある方、Body/Dance/Movement の可能性を広げたい方、など・・・
 

主催者:DMTLab http://dmtlab.net/
 
お問合せ・お申込み: info@dmtlab.netまで

 
講師紹介:
神宮京子
アメリカダンスセラピー協会公認
ダンス/ムーブメントセラピスト
日本ダンス・セラピー協会認定ダンスセラピスト NY 市立大学ハンターカレッジ DMT 修士課程卒業 精神科病院で DMT として勤務
DMTLab 主催

 
古川彩香:
英国ダンス・ムーブメント・サイコセラピー協会認定
ダンス・ムーブメント・サイコセラピスト
エッジ・ヒル大学 DMP 修士課程卒業
小中学校にてスクールカウンセラー、非常勤講師
www.ayakafuru.com

ーからだの声とこころの声にそっと寄り添ってみるとー ダンス・ムーブメントセラピー ワークショップ

ーからだの声とこころの声にそっと寄り添ってみるとー
ダンス・ムーブメントセラピー ワークショップ

 

ダンス・ムーブメントセラピーは「心身一如:こころとからだは一つにつながり互いに関わりあう」という考えを基盤とし、技法や形式にとらわれない自発的な動きやダンスを通して自分の身体や心、そして人との関係性に働きかける心理療法の一つです。
体全体で体験しながら想像性豊かなからだの感覚を育み、一人ひとりの個性を認め合い、分かち合う喜びと気づきを深めてくれます
あらゆる年齢層にそして一人ひとりのニーズに応じた活動を提供し、教育的、リハビリ的、治療的な目的で心身健康の維持、増進に貢献しています。

 

日時:2018年8月26日 (日) 12:30 (開場、着替え、受付)13:00~16:00

 

会場:オラレ徳山2階会場コミュニティースペース
山口県周南市銀座二丁目20番地2 山中ビル2階
(徳山駅:在来線口より徒歩5分)
 
受講料:¥3,000-
 
定員:15名 (定員になり次第締め切ります)
 
対象:医療・福祉・教育に携わっている方やダンスセラピーに興味のある方
 
申し込み/問い合わせ:(事務局代表)須田陽子 Mail: fukufuku83@gmail.com
 
*メールにてお申し込みください。振込先をご案内させていただきます。尚、一度振り込まれた費用は返金しませんので予めご了承ください
 
講師紹介:荒川香代子
アメリカダンスセラピー協会公認ダンスセラピスト
日本ダンスセラピー協会認定ダンスセラピスト
ナロパ大学大学(DMT修士課程卒業)
精神科病院、高齢者施設などでDMTを担当
ストレッチ & ムーブメントクラス指導
ボディ・マインド・ヘルスセンター主催